ITの力で職場に笑顔を!株式会社ニコクリエイトにお任せください。

こども園保育料精算システム

Pocket

top_mama

 

はじめに

 現在、待機保育児童の問題を解決するため、国による様々な取組みが行われていますが、

保育園はもちろん、幼稚園にも預かり保育や、未就園児等の保育事業が求められています。

 同時に、認定こども園へ移行される園の増加、これまで保育料が独自に設定できていた

幼稚園が保護者の収入等の条件による等級管理への移行、また市町村で徴収が行われていた

保育園も自身で徴収する等々、今後保護者から徴収や補助金申請等の事務作業がより一層

複雑になります。

 しかし、保育施設の現状は、メール配信など一部システムを利用することはありますが、

事務作業においては未だ手書きやExcelで管理する程度にとどまっており、非効率な

部分が多く見られます。

 今回、ご提案するシステム「ママタッチ」は、預かり保育・延長保育の受付から利用料金の

計算保育料等の月謝を合算して毎月の請求額を保護者の口座から引き落とすまでの一貫

した処理を自動化できる事務作業の効率化を目的としたシステムです。

 今後、園が様々な運用変更に柔軟に対応できるよう、事務処理をバックアップいたします。

是非ご活用ください。

 

預かり保育・延長保育にみられる問題点

  • 預かり保育・延長保育の申し込みを各クラスの担当職員が電話や申込書で
    受け付け、事務側で手書き等の集約作業が発生する。

 保護者とクラスの担当職員、担当職員と事務所との間で伝達漏れの問題。

 事務作業における転記漏れの問題。

  • 預かり保育・延長保育の課金方法が複雑で、職員による手計算が必要である。

 ①預かり・延長時間計算。

  (認定こども園については短時間・標準時間で定めた時間からの計算)。

 ②習い事の時間を除外計算。

 ③おやつ代、預かり保育・延長保育後のバス代の計算。

 計算ミスの問題。

  • 保育料等の月謝は口座引き落としで徴収しているが、預かり保育・延長保育

 代に関しては現金徴収している。

 現金を取り扱う問題。

  • その他、園独自の運用。

 

システムの特徴①

タイプ① 預かり保育・延長保育の時間打刻

保護者に認証バーコードをお持ちいただき、園児の早朝お預け時やお迎え時に

園に設置した精算端末にかざして時間証明書を発行、園に提出します。

 園の窓口業務や、お迎えの時間に遅れた際の保護者への対応などがスムーズに

行えます。

 

encho-01

 

 

システムの特徴②

タイプ② 預かり保育・延長保育のインターネット予約

保護者がスマートフォンや自宅のパソコンを使って預かり保育・延長保育の予約

ができます。園では、当日の予約リストがすぐに確認でき、これまで申込書や

電話で受け付けていた作業がなくなります。

encho-02

 

 

 

システムの特徴③

事務処理(預かり保育・延長保育時間・金額計算)

預かり保育・延長保育の予約や、打刻データから、日々の料金を自動計算。

預かり時間の計算から、習い事の時間減算、おやつ・バスなどの別途課金など、

園の様々な条件を自動的に計算されるため、事務職員は確認のみでOK。

認定こども園の短時間・標準時間にも対応しておりますので、複雑な計算作業が

なくなります。

encho-03

 

 

システムの特徴④

事務処理(請求処理)

預かり保育・延長保育の精算や、保育料・バス代・習い事などの月謝を合算して

保護者の銀行口座またはゆうちょ口座から請求額を自動引き落としできます。

 預かり保育・延長保育料と、月謝で振替口座を分けたい場合など、複数口座にも

対応しております。

encho-04

 

 

システムの特徴⑤

その他・オプション機能

encho-05

 

 

クライアント様に応じた内容でお見積りさせて頂きます。お問合せはこちらまで

 

 

「ママタッチ延長保育精算システム」は、保護者が登降園時にバーコードをかざすだけで、延長保育の時間と料金を自動計算!保育料と合わせた毎月の請求額を保護者の口座から引き落とし、各行政区ごとに合わせた延長保育申請書類までもが発行できるなど、保育園・認定こども園の一環した事務処理を”自動化”するシステムです。

img_1

パステルIT新聞(2014年3月号)に「ママタッチ」が掲載されました。

 

 

保護者が園児の登園や降園時に、園に設置した精算端末に専用バーコードをかざすだけで、延長保育の開始・終了時間を管理。園に提出用の時間証明書も発行できます。

img_2

※保護者にママタッチ用のバーコードを貼り付けた「保護者カード」を使用してもらいます。

 

 

延長保育の打刻データから、日々の料金を自動計算。
延長時間の計算から、習い事の時間減算、おやつ・バスなどの別途課金など、園の様々な条件を元に自動的に計算されるため、事務職員は確認のみでOK。認定こども園の短時間・標準時間にも対応しておりますので、複雑な計算作業がなくなります。

img_3

※延長保育料金は、上限額(月極め料金)を設定することも可能です。

 

 

延長保育料金に、保育料・バス代・習い事代などの月謝を合算して請求額を計算し、保護者宛ての請求書を発行および、保護者の銀行口座またはゆうちょ口座から請求額を自動引き落としします。徴収内容によって園の振替口座を分けたい場合など、複数口座にも対応しております。

img_4

※口座振替代行会社向けの振替処理にも対応いたします。

 

 

 

延長保育の開始・終了時刻、利用時間・利用人数を自動集計し、行政区に対する申請・報告書類をボタン1つで作成できます。これまで書類作成にかかっていた時間が大幅に短縮されます。

img_5

 

 

導入事例紹介 はこちら

幼稚園・保育園向け窓口購入システム はこちら

PAGETOP
Copyright © Apps Create ITの力で職場に笑顔を! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.